2006年09月24日

大変です!

 先日 ケアマネさんから 大事なお話がありました。

 そう、あの頼もしいケアマネさんです。 千恵子さんといいます。 いつも 私たちを励まし、支えてくれている 一番信頼している人です。

 
 彼女は 来月末で 今 勤務している事業所を 退職するというお話でした。

 うちは この事業所に 訪問介護も 訪問看護も お世話になっています。

 
 とても困ったことになります。

 千恵子さんが 居なくなるということは この事業所の ほかのケアマネさんが 担当になってくれるか
 あるいは 千恵子さんが 他の事業所に移るのであれば 千恵子さんに付いて その事業所に移るか
 ということになるのですが、後者は うちの場合 とても厳しいのです。

 まず 請けてくれる所がないだろう と 思えるのです。


 ナースの真由美さんが 何故 あれほど強気な態度に出れたかというと 他には 行く所がないでしょう という気持ちがあったからです。

 真由美さんは 社長の妹さんで 彼女自身も専務さんです。


 私たちは 千恵子さんを頼りに まさか 一方的に打ち切ることはしないだろうと 望みを繋いできたわけです。


 
 でも 以前から 千恵子さんと事業所の経営側との間に ひずみがあることは気づいていて 

 " もし 千恵子さんが 去ることになったら うちは きっと バッサリ切られるね "

 
 " そうなったら 何とかして 千恵子さんに仕事を続けてもらって ついて行かせてもらおうよ "



 というような話を かずみちゃんとは していたのでした。

 なので、お話を聞いたときは 『 やっぱり 』 という感じでした。

 決して 私たちに心配させるようなことは 言わない人なのですが、 真由美さんとはいい人間関係ではないことは 真由美さんの言動で 分かるのです。

 
 でも 千恵子さんは この事業所を立上げた最初から ずっと苦労して事業を大きくしてきた人であると これも真由美さんが言ってたことなのに・・・。


 自分からは 多くを語らない人なので 「 始めた時のような気持ちでは なくなってきたので・・・ 」としか 聞いていません。


 もっと小さくても良いから 充分に利用者さんと 向き合って仕事がしたいと。


 知恵子さんは 事業所が大きくなるにつれて 仕事の質というものが 落ちていくことが 我慢できなくなったのかもしれません。

 私たちに対するときは この上なく優しい人ですが 仕事に関してはとても厳しい人なのだと ヘルパーさんたちが言っていました。


 だからこそ 私たちが心から 信頼できる人なんですね。

 
 父が退院してきた当初は 本当にどなたも 一生懸命に助けてくださいました。

 みんなの気持ちが 何とか 父が在宅で安定した状態で 安楽に過ごせるようにと 一つになっていたと思います。


 いま 気持ちに少しずつ ずれが出てきたというのは それだけ 父の状態が安定しているということなのかも知れません。

 今まで 皆さんに助けていただいて 教えていただいて 私もかずみちゃんも 何かあっても 慌てることなく冷静に対処するようになれたと思います。 


 だから 知恵子さんに お話を聞いたときも 全然平気というわけでは 勿論ありませんが、知恵子さんの 次の決断を待とうと思いました。
 
 やっぱり ケアマネさんは知恵子さん以外には 考えられないと思います。

 
 多分 予想しているように 真由美さんの事業所には 切られるでしょう。


 ヘルパーさんも 変わるかもしれません。

 それでも 何とかなるでしょう(笑)

 何とかするでしょう・・ きっと。 私たちのことですから わーい(嬉しい顔)
 

 
 


 
 
posted by しのっぴい at 16:49| Comment(3) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しげこさん、色々大変ですね。
慣れ親しんだ、千恵子さんが
これから、どうするのか今は待つしかない状態でしょうが
お父さんが安定しているとはいえ
何かと、不安がいっぱいだと思います。

相手も仕事である以上
経営者と、実際に現場で動く人ととの
立場の違いや、事情などなどで
看護される人は置き去りにされがちなんでしょうねぇ。

なんとか、解決の道が開かれることを
切に願っています。
しげこさん、かずみさんのことだから
きっと道は開けると信じています!
からだに気をつけて、頑張ってくださいね。

そして、ご両親が健やかでありますように^^
Posted by ゆる子 at 2006年09月24日 20:55
こんにちは
大変な事に なりましたね
なんと 言って良いのか。。。

みんなが 千恵子さんのような 考えを 持ってるといいんんでしょうが なかなか そうは いかないのかもしれませんね
そして 思いを持った 上に 実際に行動に 移せる人が 集まらないと いけないでしょうし。。。


いい方向に 解決できますよう 祈ってます
みなさん お体に気をつけてください

 

  
Posted by のんのん at 2006年09月25日 14:37
ゆる子さん のんのんさん こんばんは。
コメント有難うございます。

未だに 事業所のほうからは ちゃんとしたお話はありません。

真由美さんからは かずみちゃんが一人のときに 内緒だけど 知恵子さんが辞めるんだよ ということだけ 話があったそうです。

何だか みんな お腹の探りあいみたいなこと やってます。

それぞれが 気を使いあって 言い出せないでいるような・・・。

こっちから 言い出すことも出来ず なんとも歯がゆい気分が 続いています。

状況が変わるのなら 早めにそれに向けた準備を始めたい所ですが 今しばらく 我慢ですね(笑)
Posted by しげこ at 2006年09月26日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

訪問介護とは
Excerpt: 突然のトラックバック失礼します。よろしければ訪問介護について情報交換しませんか?
Weblog: 介護について考える
Tracked: 2006-09-25 13:25

ニーズが高まる訪問介護
Excerpt:  訪問介護は、社会の高齢化に対応するために2000年に施行された介護保険法に基づいて行なわれるサービスのことで、ホームヘルプサービスなどとも呼んでいます。
Weblog: 健康情報館
Tracked: 2006-09-28 21:26
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。