2006年10月28日

うれしいお知らせです!

 知恵子さんの 事業所の認可が下りましたexclamation×2

 や〜っと 最大の難関を突破しました。  良かった^^

 認可が下りるまでは 知恵子さんもおおっぴらに 動くことが出来ず、かといって 今現在は 真由美さんの事業所の職員で 百件近くのケースのケアマネさんですから 休暇をとるわけにも行かず ずいぶん 辛い立場だったと思います。

 私たちは直接 携帯の方に連絡させてもらうのですが、訪問入浴さんなんかは " 何回 会社に電話をしても 繋がらない。 留守だって 言われるだけ・・・ " って 嘆いていました。

 こういう業務連絡を きちんと繋げないというのは 事業所として してはいけないことだと 思うのですが。

 顔を会わせる度に 小さくなっている気がして 知恵子さんの身体が とても心配です。

 でも 認可が下りて " お客様に迷惑をかけなくてすみそうだ " というのは 少しだけでも 楽になってくれたかな・・・と、思います。

 とにかく 責任感がとても強い人なので うちのケースなどは 一番心を痛めてくれていたと思うのです。

 もしも 11月に間に合わなかったら きっと ご自分が無償ででも 父についてくれていたんじゃないかと 思うくらいです。


 ご自分の退職のせいで うちが困ることになってしまったと 気に病んでくれるのです。

 やっぱり 信頼できるのは こういう人ですよね。

 
 母は 気持ち悪いくらい 何も聞いてこないんです。

 月曜日から 今度 入ってくれることになった ナースさんたちが 京子さんについて 父のケアの仕方を勉強しに来てくれているのですが、
普段の母なら 根掘り葉掘り 聞いて仕方が無いはずなのに 何にも聞かないんです。

 真由美さんの所が 全面撤退するということも 私たちからは話していないのですが 父には 真由美さんから 早くに話してあったみたいなので 母に話していないはずがないのですが、一言も触れないんです。

 な〜んか 気持ち悪いなあ〜ふらふら

 とにかく 何があっても 父のことは何とかしなくちゃいけないことですから 力をいれずに 楽〜に 頑張ろうと思います。


 ちなみに 今日は 私と主人の24回目の 結婚記念日です。

 お墓参りをして 久しぶりに 主人の好きなものを作って ケーキを買って・・ そして 気がついてしまいました。

 これ 結局 全部 私が食べるんじゃん もうやだ〜(悲しい顔) ( 爆笑 )

 今日は 記念日だからって かずみちゃんが 夜の分 ( 父の世話 ) 引き受けてくれたので ゆっくり 思い出して 夜更かししようと思います。

 あ、マンモスから おめでとうの電話がありました。

 身体の方も ずいぶんしっかりしたようで 元気そうでした。

 きっと ホームシックだったのでしょう。 人一倍 寂しがりやですから。

 昨日 いつもの時間に モーニングコールを入れたら 留守電になったので シャワーを浴びてるんだと思ったんです。

 でも 念のために・・と 思って 30分くらい後で もう一度かけてみたら、

 「 やば!! 寝とったあせあせ(飛び散る汗) 遅刻するダッシュ(走り出すさま)

 後で "無事に通勤してます" という メールが来ました。

 何か お嫁さんに行っても モーニングコールしているような気がしますたらーっ(汗) 

posted by しのっぴい at 22:47| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

とりあえず・・

 この前の金曜日に 父のケアカンファレンスがありました。

 今回は 訪問看護ステーションの交代に伴う 業務の確認とこれからのケアについての 希望を話しました。

 真由美さんのステーションからの 断られ方が 結構 無責任だったので ( 行政機関にも 相談していたのですが アドバイスの通りにお願いした結果だったので 担当の方も ちょっとびっくり!でした ) 知恵子さんが ほんとに必死に探してくださって ようやく 請けてくれるという方が見つかりました( 拍手わーい(嬉しい顔) )

 普通なら 今回のことは できるだけ 多くのステーションに事情を話して 分かってもらいたかったのですが 知恵子さんの独立の話を 今の段階で公にすることが出来ず、なんともあいまいな表現でしか 説明できないので ( 要するに 真由美さんのステーションが手を引くということが言えなかったわけです ) 説得するのは ほんとに大変だったと思います。

 でも できるだけ フォローしてくださると 言っていただけたので 嬉しかった〜 黒ハート

 
 来てくれる所が無かったら 知恵子さんと相談しながら 私たちがやっていけば いいやって 思っていたので 私たちは 急いでいなかったのですが 責任感の強い知恵子さんは 次が決まるまで 気が休まらなかったことでしょう。

 とにかく 良かった わーい(嬉しい顔)

 真由美さんが 以前から 父のケースから 手を引きたがっていたのは 前にも書いたと思うのですが その理由が 今回のことで分かりました。

 まず うちが知恵子さんを ケアマネさんに選んだことが 断るきっかけにはなったのですが

 実は 看護報酬に不満があったらしいのです。

 はっきり 具体的な数字を挙げて 言われちゃいました。

 でも これは制度上の問題なので 私たち患者や家族に 言われてもどうにも出来ない問題なのです。

 看護報酬 介護報酬は 不平等にならないように 法律で決まっていますよね。

 でも 介護保険の看護と 難病で医療保険を使う看護では 報酬に差があるんですって。

 父は 後者の方なので 安いんですって。

 " やってられないよ " って ことらしいです。

 ショックだったたらーっ(汗)  

 もっと ショックだったのは 父には かなり前から こんな話をしていたらしい ということ。

 真由美さんに断られてしまったから ヘルパーさんが教えてくれました。

 お金の話も 入院しようか ということも 冗談だと言いながら しょっちゅう父に話していたというのです。

 父は 話すことも動くこともできませんが、頭の中は正常ですし、感覚は全部残っているのですから どんなにストレスに感じていただろうと 可哀想でたまりません。

 ヘルパーさんは 慰めてくれたのです。

 こんなこと 言うような人だったから 断られたことは ご本人には 良いことですよ と。


ヘルパーさんも 真由美さんの訪看ステーションと同じ事業所から 派遣されているので 専務さんの言ってることを つげ口することもできず 気分悪く 思っていたのでしょうか。

 そういえば 父が突然 調子悪くなったりすると " ストレスなんです " って 言ってくれていたのですが、こういうことを言いたかったんでしょうか。


 私たちが どうも 真由美さんが来てくれて後に 父の体調が変わるような気がする・・と 気がついたのは 最近のことなのです。

 自分で訴えることが 出来ない父は 強いストレスを受けると

 下痢 発熱 高血圧・・という症状で 私たちに訴えていたのかもしれません。

 
 本人が 嫌がることを承知の上で 聞かざるを得ない状況において 繰り返し その話を聞かせるというのは 虐待といえるのではないでしょうか。

 おめでたい私たちは 真由美さんに 「 お願いしま〜す 」とか 言って 任せて帰っていたのです。

 あー ごめんなさい もうやだ〜(悲しい顔)

 まだまだ 決まっていないことのほうが多いし、新しいナースさんたちが慣れるまで きっと いろいろなことがあるでしょう。

 でも ずっと 変わらないメンバーでやっていくことのほうが 無理なんですから それは 乗り越えなければいけないこと。

 環境を良くするために 変えなければいけないことなんだと 父もきっとわかってくれると思うし、とりあえずは 嫌なことを聞かなくてもよくなるかも知れない、ということだけでも 良いかな・・たらーっ(汗)

 知恵子さんの立ち上げる事業所のほうは 行政の処理が終わってくれるのを 待っている所です。

 一日も早く 申請の許可が下りますように、と 祈る毎日です。

 
061017_0902~001.jpg   
 
  
たーちゃん 初めてのお絵かき

 "じいじの顔" ですって( 笑 ) 保育園から 返してもらってきました。

じいじの宝物です。
posted by しのっぴい at 23:48| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月12日

考える秋です。

 ご無沙汰になってしまいましたが 元気にしています。

 まだ きちんと解決しているわけではない・・というか まだまだ 不安な要素が強いので 落ち着いてはいないですが。

 先日 予想通り 真由美さんの方から "来月からの訪問は出来ません" という お話があり 笑い事ではなくなっているのですが、" 何とかするぞ ! " という 思いだけは強いので 何とかするでしょう( 笑 )

 
 ここんとこ しばらくの間に 人間のいやな所も きれいな気持ちも たくさん見えてきて 私たちって 何というお人よしだったんだろうと思うと共に こんなだから 助けてあげなくちゃ と思う人もいてくれるんだな・・と思ったりしています。

 それにしても 知らないですんでいたことが 今になって 次々と明らかになり 私たちの "一生懸命" が 誰かにとっては 非常に不愉快なことでもあったのだと 思い知らされることになりました。

 もともと 深く考えることは 得意ではないので 今 頭の中 フルに動いているらしく 悲鳴を上げています( 笑 )

 頭 抱えていても なるようにしかならないのだし、卑怯なこと 恥ずかしいことをしていなければ きっと 良い方に向いていってくれる! と 信じています。

 明日 夜から マンモスの様子を 見に行ってきます。

 ここ2ヶ月ほどの間に 5、6キロ 痩せたといっていますし、今もしつこい咳が なかなか治らないようです。

 少し甘えさせてやろうと思います。

 私も 考えることを少し休んで 頭 軽くしてきます( 笑 )

 マンモスは 本当は土曜出勤の日だったのですが、友達を結婚させて お休みをもらったようです あせあせ(飛び散る汗)

 日曜の夜に 帰ってきます。 
  
posted by しのっぴい at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月06日

たーちゃん 大活躍の日

 一昨日は たーちゃんの初めての運動会でした。

 朝から パパさんは場所取りに出かけ、かずみちゃんは 超ヘルシーなお弁当つくりに 大奮闘でした。

 先週末 ボンバーの所に行ったので 母はものすごく機嫌が悪くなっていて ( 彼女は 私が 娘たちの所に行くことを忌み嫌うのです。 )
 かずみちゃんは 誘うのをためらっていたのですが 後で分かれば もっと手が付けられなくなると 一応声を掛け 一緒に連れて行きました。


 運悪く 父の通院日と重なってしまったので 私は朝のナースさんと交代して お昼にヘルパーさんと交代するまでの2時間程 応援しに行ってきました。


 ナースさんを待っている間に かずみちゃんから 電話です。

 「 ビデオの充電が できてるつもりだったのに 空になってる〜もうやだ〜(悲しい顔)

 「 え〜っあせあせ(飛び散る汗) どうすればいい? 」

 「 来るとき 単三電池 買ってきて〜ふらふら

 「 了解 わーい(嬉しい顔)

 
 さて ナースさんも来てくれたし・・と 運動会の会場までの途中にあるコンビニに寄ろうとしたのですが、

 一軒目  あれ? 改装中だ・・たらーっ(汗)

 二軒目  目の前に見えているのに 直前の道路が通行止めになってる・・・( え〜っ がく〜(落胆した顔)

 三軒目 に 行く前に あ、ドラッグストアがあったわーい(嬉しい顔)


 無事に乾電池をゲットして いよいよ会場の体育館へ。

 未就園児を対象にしている所なのですが 総勢180名の園児がいるそうで 一人の園児に ご家族がたくさんで応援に来るものだから 結構大勢になるらしいです。

 
 かずみちゃんたちは どこに・・

 
 あ、場所取り頑張った甲斐があって 結構いいポジションです。

 ちょうど今 たーちゃんの出番が終わった所だとか 残念ふらふら

 みんなと一緒に 赤組さんの所にいるのは 何だか少し大きくなったように見えます。 ( う〜 健気 もうやだ〜(悲しい顔)


 また たーちゃんの出番になり、お友達とぶつかって 頭を押さえながら出てきました。

 大きな丸い布を クラスの赤組さん みんなで両手で持って引っ張り、大きな円が出来ました。

 先生の合図で いっせいに左手だけ放し そのまま 右回りに行進します。 なかなか 見事です。


 が、あれ? たーちゃん 放すおててが逆だよ〜ふらふら

 そして 器用なことに お友達の顔を見ながら 後ろ向きに歩いています。

 一同 大爆笑です 

 パパとかずみちゃんは 何とか向きを変えようと 身振り手振りで 教えるのですが たーちゃん 涼しい顔で布の中へ入っていきました。

 
 次は ダンスです。 黄色い蝶ネクタイをつけ 赤いぽんぽんを両手に持って 音楽が始まり みんなは まあそれなりに 多少は身体を動かしているのですが たーちゃん ピクリともしません。


IMG_0315.JPG
   中央がたーちゃんです。


そういえば お遊戯はあんまり好きじゃないって 言ってたっけ。

 結局 そのまま 赤組さんのたまりに戻ってしまいました。

 ところが 次の一つ年長のクラスのダンスは 溜まりで立ち上がって 一生懸命 踊っています。( 振り付けも覚えてるの )

 なかなか ユニークなたーちゃんは 午後からの綱引きでも 見事に反対向きになり これは先生の手によって 直されたそうです。

 パパさんが 保護者の競技に参加するために たーちゃんの側を通ると
なんと お友達の上に乗っかっていたとか・・あせあせ(飛び散る汗)

 たーちゃんのマイブームは ウルトラマンなのです。

 どうやら 怪獣をやっつけているつもりだったらしい。

 運動会の最後の 表彰式では 一人づつ メダルをかけてもらえるのですが、このとき たーちゃんは かずみちゃんの腕の中で ぐっすり眠っていたそうです。


 熱を出すほど 頑張ったんですもんねハートたち(複数ハート)

 
 ちなみに 母は会場に着くとすぐ イスに座ったまま 爆睡し始めたらしく、たまに目を覚ましては 
 
 「 たーちゃん 出とらんが・・ 」

 といって また 居眠りをしていました。

 かずみちゃんが 激怒したのは 言うまでもありませんちっ(怒った顔)  
posted by しのっぴい at 20:46| Comment(3) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。